2006年08月06日

横須賀2006ネイビーフレンドシップデー

 在日米軍と自衛隊の施設がある横須賀基地では、年に一度ネイビーフレンドシップデーを設けて一般開放している。周知のように通常は軍関係者以外の立ち入りは禁じられているので貴重な機会である。近年は横須賀市の各種開国祭との関係で、花火大会と同日実施しており、その見物の一等地でもあるので人出も多い。本年は8/5(土)に開催された。一度も行った事がないので足を運んでみた。簡単ながらレポートしてみたい。

 現地は京浜急行線の横須賀中央駅が近い。徒歩で10分程度といったところか。基地への入口は数箇所あるが、フレンドシップデーでの入場は特定の一箇所に指定されている。毎年変わるが今年は三笠ゲートであった。なお立ち入り可能な場所での写真撮影は自由であるが、ゲート近辺だけは禁止されている。9.11以降は随分チェックが厳しくなったらしい。

案内マップ(日本語版) ゲートをくぐって間もなくのところで、基地内の簡単な地図を配っている。裏表がそれぞれ日本語・英語になっている。日本語部分をスキャンしたものをアップしておく。Google等のマップや衛星写真で確認すると分かるが、奥のほうまである住宅施設などは含まれず、主要な娯楽施設や艦船見学に必要な場所だけに制限されている。それでも距離で分かるように歩くには充分過ぎるほど広い。門からの通り




分岐路 いつも混んでいるという話なので、まず艦船見学に足を運んでみた。15時以降はメインストリートとの分岐路の先は入れなくなる。空母キティホークのいる年はやたら混むらしいが、今年は任務中ということで別の艦船の公開であった。ブルーリッジとマスティン第七艦隊旗艦でもある揚陸指揮艦ブルーリッジとミサイル駆逐艦マスティンである。ブルーリッジは大きくて目立つせいもあり多くの人が並んでいた。といっても入れるのは入口からの通路、おやラムズフェルドもその脇にある歴代の国防長官、艦長等の写真一覧(テレビでよく見る顔も写真のようにあった)、階段を上がった先の甲板といった程度である。それでも滅多に無い機会でもあるし、物珍しさも手伝ってなかなか楽しめた。ブルーリッジの甲板広々とした甲板は格好の写真撮影所と化していた。艦としてはベトナム戦争撤退あたりから任務に着いており、古参だが比較的奇麗に保たれており、よく整備されているのではないかという印象を受けた。最も第七艦隊の旗艦が整備されてないわけはないのだろうが。

ブルーリッジからのマスティン もう一方のミサイル駆逐艦マスティンはやや奥にあり小さめであるせいか、あまり足を運ぶ人はいなかった。しかしフェーズド・アレイ・レーダーが確認出来る通りイージス艦艇で、恐らく新しいのであろうしこちらがより興味深いかもしれない。(後で調べたら21世紀になってからの就役でやはり新しい)マスティン艦首近くこちらも甲板に中ほどから上がって前部を一周りする程度で、5インチ砲、VLS発射口が確認できる程度。甲板側面に何台か機関砲が取り付けられており、監視も兼ねて紹介していた。ヘリポートは後部で見られなかったが、写真で示したようにブルーリッジからの眺めは良かった。

カーショー 艦船見学が一通り終わったのでメインストリートに戻る。距離は結構長い。早速屋台があるかと思いきや、しばらく進んだ先ではカーショウをやっていた。日本ではあまり見られないタイプの車が並んでいる。日本は世界的に見ても売っている車種の多い部類の国に入るが、この種のオープン・カプリオレのスポーツカーの類は例外的に少ないように思う。物珍しそうに見る人も多い。50台くらいは展示されていたような印象で、車好きにはかなり大穴なイベントかもしれない。ちなみに半分くらいは日本ナンバーがついていた。在日米軍の人が自分で乗っている車でも見せているのだろうか?

Kosano Park もう少し進むと一休み出来るKosano Parkがあり、写真に示すように木陰にもなっていてゆっくり出来る。この付近で屋台の食べ物を食している人が多く、比較的混雑していた。それを横目に過ぎていくと屋台が沢山あるイベントの中心地に近くなる。上記マップだと一番大きな丸で示されている部分だ。もっとも狭い空間ではない。ボーリング場沢山のレーンが横に並んでいるボーリング場のサイズをマップで確認して貰えると一目瞭然だ。しかしこのボーリング場、普段はどのくらいの使用率なのだろうか。

中心部近く? 屋台は非常に多くの数が出ている。各部隊ごとで出しているのだろうか?結構多くの屋台で日本人スタッフがサポートしており、日本語でも何とかなっている。大味だがものによってはまずまずで、ポークの串刺しなどは結構美味だった。しばらく噛んでいると味わいが出てくる。微妙に肉食人種の気分。食べ物だと、他にグラタンやチキンの類はあまりうまいとは言えなかったが、ホットドッグとかハンバーガーはまずまずで、バーベキュー的に焼き上げるものがいい味になっていたように思う。さすがにそれは得意なのだろうか。なお買い物は日本円でもドルでも可能になっていた。為替レートは店によって違う。Tシャツなどを売っている割とちゃんとした模擬店が並んでいるコーナーでは1$=\120くらいだが、食べ物の屋台では大半が1$=\100。単に計算が面倒なだけだと思うが微妙に面白い。まぁ元々商売目的でも言うわけでもないだろう。ちなみに土産にフレンドシップTシャツを購入。かなり大きなサイズまであるので体型で悩む人にはいいかもしれない。

 ファーストフードの類が多く入っているNEX foodcoatも面白い。日本であまりみないブランド多し。ドリンクは各店で買うのだが、販売するのは各店の名前の入ったカップだけ。中心部分に日本のファミレスにあるようなドリンクバーの設備が備わっている。どう見ても日本のファーストフードで言うLサイズにしか見えないのだが、被せたフタはsmallと表記が。無論予想出来たことではある。

 この付近で一度トイレ・・・・ドア、高すぎます。夏だからともかく、冬でコートをかける事があればも全く届きません。私は背の低いほうではないのだが・・・・

映画館 普段は映画を上映していることが多いシアターでバンド演奏があると聞いて足を運ぶ。16:00からの2回目の公演。中に入ると、恐らく2000人前後の収容能力のホール。座席はゆったりしていて、普通に体を沈めると足の前を悠々人が横切れるくらい前席との間隔が空いている。ちなみに全席ドリンクホルダーつき。すっかり涼みに来たような形になってしまった。先のボーリング場もそうだが、どうせ日本の思いやり予算で運営しているのだからもう少し使わせろという気分だ。というか日本のコンサートホールや映画館もこうならないものか。

第七艦隊バンド 後で調べて分かったことだが、この第七艦隊バンドは正規の軍楽隊のようだ。結構あちこちで活躍しているようだ。実際かなりうまいと感じた。私はこの方面にとんとうといので曲自体は知らないが、同行者に言わせると国内外の有名な曲ばかりのようだ。

フワフワエリア 近辺の野外メインステージでも演奏は盛んに行われており、プレステージではダンス。これは親善のためか日本人も多数参加していた。食べ物片手の人々が多く足を止めていた。その裏手には子供のためにAir Toysの一角が用意されていた。日本語訳がフワフワエリアになっているのはまぁ適切か。遊園地などにあるあれだ。大きなものが5つくらいあった。ファミリーでの参加も多いのでこういうのもいいのだろう。

 第七艦隊バンド、気に入ったので3回目の公演も聴く。避暑も兼ねているが。バンドのメンバーは同じだが曲は違った。なかなか良かったので満足。デジカメでメモ的に撮影したQuickTimeのファイルをこの付近にアップしておく。(参照1参照2)趣旨からしてあまりうるさく言わないだろう。

花火 演奏が終わると花火大会を見るためにマップ東の奥へと皆進んでいた。1万発規模の打ち上げと聞いていたが、地方のそれとしては多いほうだろう。打ち上げが始まって実感したが、確かに至近で見れる一等地だ。7:30〜8:15くらいと打ち上げ時間は短めなので、結構連発で上がっていた印象があった。充分満足。

 帰りは入ってきた門まで戻ることになったが、長いし混雑してるしで40分くらい歩いた。とにかく広い。一番近くの横須賀中央駅は混んでいるとの事で、近くの別の駅にも誘導の指示が出ていた。花火にあまり興味が無い人は少し早めに引き上げたほうがいいのだろう。

 このフレンドシップデー、毎年ろくに宣伝もしないのに、というか本当に隠しているのかと思うくらい情報がとりにくいのだが、それでも地元を中心に毎年かなりの人出のようだ。艦船見学を除き、大学祭みたいなものと言えなくも無い。家が近くの人は、来年足を運んでみてはどうだろうか。
posted by カワセミ at 20:25| Comment(3) | TrackBack(2) | 国内 時事一般
この記事へのコメント
ブルーリッジは昨年か一昨年に改修工事を日本でやってます。いわば新装開店状態で比較的綺麗だったのでしょう。
Posted by ■□ Neon / himorogi □■ at 2006年08月07日 12:55
カワセミさん ワタシのブログにわざわざコメントを頂き、ありがとうございました。

早速、再TBさせていただきました。

あと、横須賀ベース解放日に撮影した花火大会の動画も公開していますので、よろしかったらご覧ください。

URLは
http://usky.sakura.ne.jp/blog/2006/08/ixy800is_3.html
です。
Posted by USK at 2006年08月30日 10:02
わざわざ有難うございます。

動画、拝見しました。結構録れているものですね。私も撮影しようと思ったのですが昼に容量を使い過ぎて断念しました。神奈川県としては比較的大規模な花火大会ですね。
Posted by カワセミ at 2006年08月30日 20:52
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1267855

この記事へのトラックバック

IXY800ISの「ポジフィルムカラー」
Excerpt: ポジフィルムのようにナチュラルで色鮮やかな画像が撮影できます。 と、説明書(応用...
Weblog: Digital Picture
Tracked: 2006-08-30 09:56

ファーストフード
Excerpt: 日本の食文化の中にどんどん浸透しているのがハンバーガーやピザ、ホットドッグなどを代表とするファーストフードです
Weblog: ファーストフード Gメン
Tracked: 2006-09-26 18:43