2006年07月18日

安保が主題となったサミットの風景

 歴史的に、サミットは米国開催のときに安保色が強くなり、フランス開催の時に経済色が強くなるといったカラーがある。今回はロシア色をとプーチンは言いたい所だったのだろうが、今の世界は難題山積であまりテーマを選んでいる余裕はなかったようだ。

 ブッシュ大統領がロシアの民主化に関して議論すると伝えられていた。実際議会からの突き上げもありその方向だったのだろう。これに対するロシアの回答はこれだったように思う。(参照1)米国にとって、核拡散の問題は筆頭級の課題だ。ロシアは伝統的に対米外交の呼吸を心得ている節があり、相手が何を望んでいるかをよく知っているようだ。今回のやりとりも緊張をはらみながらそれが示されている気がする。(参照2)イラクのような民主主義は望まない、とは言わない方が良い皮肉であるとは思うが。

 エネルギー問題では、メルケル首相からロシアの供給者としての振る舞いに問題を感じていないとのメッセージが発されている。これは現段階でそう評価しておくという意味で適切であろう。パイプラインポーランド迂回の件もあり、デリケートに扱わなければならない問題でもある。

 中東問題では、各国の立場は微妙に違う。例えばこの記事は雰囲気を比較的良く表しているだろう。(参照3)類似の内容を扱った記事も挙げておく。(参照4参照5)いずれも微妙に興味深い表現だ。事実認識として各国の首脳はさすがにポイントを押さえている。例えば以下に挙げるような点だ。

Though all the G8 leaders have condemned the actions of Hizbollah guerrillas,


 ヒズボラに主な非があるというのは当然で、これが隠蔽されてはならないだろう。

"The blunt reality is that this violence is not going to stop unless we create the conditions for the cessation of violence," Blair said after talks with Annan on the margins of the Group of Eight summit. "The only way is if we have a deployment of international forces that can stop bombardment coming into Israel."


 2つ目の記事より。当事者間で解決はできず、多国籍軍が必要であるとのブレアの主張。全くその通りであろう。

Russian President Vladimir Putin, closing out the first G-8 summit on Russian soil, said his nation would contribute troops to a U.N. peacekeeping force. The European Union said it also was considering deploying peacekeepers in Lebanon.

France said it is sending Prime Minister Dominique de Villepin to Beirut to express support for Lebanon's government. And French President Jacques Chirac, who attended the summit, said he believed "some means of coercion" may be needed to enforce a U.N. resolution that calls for the disarmament of Hezbollah and other militias in Lebanon.


 3つ目の記事より。民兵の武装解除が主なミッションになり、それが問題の中心だという認識があるだろう。イスラエルの過剰反応を批判するフランスもこの点はよく承知している。そしてロシアの参加に言及がある。実質的な作用をもたらすかどうかは疑問も残るが、国際政治上は大きな変化であろう。最初のプーチンの「イスラエルの別の意図」に対する疑念がベースであるとしても。
 それにしても、

"Our message to Israel is defend yourself but be mindful of the consequences, so we are urging restraint," he said. He did not back Lebanese calls for an immediate truce.

Echoing Bush, U.S. Secretary of State Condoleezza Rice said she had told Israeli Prime Minister Ehud Olmert that the United States was "deeply concerned" over the safety of civilians. An immediate cease-fire would not solve the problem, she said.


 ライス国務長官の認識は恐らく正しい。多分停戦はある種の先送りと繰り返ししかもたらさない。しかし冷徹すぎるとの印象を与えないだろうか。具体的関与をしない各国への皮肉もあるのかもしれないが。

 さすがの小泉総理も、この問題ではサポートに徹していたようだ。この地での本当の平和に対する貢献とは、部隊を派遣して武装解除などの治安維持を行うというような事だ。確かに今の日本には、というよりほとんどの国にとって荷が重い問題ではある。
posted by カワセミ at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界情勢一般
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1267851

この記事へのトラックバック