2005年08月02日

政権選択の選挙とは

 郵政民営化法案で世の中が騒がしい。自殺者まで出たということでそれすら政争の具にされている。この件に関しては言及もしたくないくらいだ。そしてこの法案が否決されたら衆院解散・総選挙になるらしい。民主党に政権が交代する可能性はあるのだろうか。あるかもしれない。しかし私は必ずしもそうならないと思っている。

 元々私は、社民党や共産党のような左派政党は政治家としての最低限の役割を果たしてないと考えている。この付近は日頃のブログで分かると思う。「現実的な政策」を挙げる複数の政党でしばしば政権が交代するのが理想と考える。だから選挙の際はいつも選択に悩んだものだ。少なくとも国政選挙においては、過去一度も自民党に投票したことは無い。もっとも社民党や公明党、共産党も無いが。本心を曲げてという思いはあったが、総合的に考えると短期的にリスクがあっても、長期的に見れば政治の水準が向上するのに政権交代は必須と考えたからだ。選択肢は実に少なかった。しかしながら、今回衆院選があるとすれば、私は初めて自民党に投票するだろう。

 元々日本の政治状況は、全国的に見ても保守層が厚い。問題は保守層の中で政党のバリエーションが無いことである。民主党の近年の伸びは、野党第一党効果、二大政党制期待からの保守層の流入という側面が大きい。政権交代が無ければ民主主義ではないという思いは多くの人にあるだろう。しかしながら、有権者の投票行動を仔細に見ると単純ではない。政権(というより担当する政党の)交代に直接絡まない参院選や地方選挙では、割と地滑り的に野党が勝つこともある。しかし、衆院選だけは少し様相が違い、自民党がなかなか大崩れしない。これは政権交代に直接絡むために有権者が慎重になっているからであるのは明らかだ。そして安定した社会ではリスク許容度が高まり、野党が勝つことが多い。だが、近隣諸国との激しい摩擦がある昨今はどうだろうか。政権交代によるリスクが許容できないと考える有権者は多いのではなかろうか。

 日本の政治制度においては、有権者が思っている以上に内閣総理大臣の権限が強い。三権分立が徹底している米国では、大統領権限は強大だが立法に口は出せない。というか、許可が無ければ議会にも入れないくらいだ。(アメリカ人はこういう所ではやたら潔癖だ)立法府の多数派の総裁を兼ねているのだから決断すれば何でも出来るといっていい。そしてこの個人の資質が重要な事に、近年の日本人は気が付いてきたと思う。これは中曽根氏がまだ元気に政治活動をしていること、今の小泉首相対米関係など含めて若干似た部分があるという事も影響しているかもしれない。不思議と長期政権は外交上それなりの実績を残している。というより長期政権で無いと残せないのだろうが。そして今は外交の季節ではある。

 今回の総選挙があるとすれば、岡田党首は、限りなく昨年の米大統領選のケリー候補のような負け方に近くなると予想する。有権者の信頼を得る、最後のハードルを越せないと思うのだ。前回の衆院補選の結果を見ても、これまで確実だった都市部での勝利が怪しくなっている。そういえばブッシュ大統領も前回より都市部で得票を伸ばしている。これは世論調査でははっきりとは見えないが政治意識の高い良質な保守有権者の行動が左右したのではないだろうか。これが菅党首ならやらせてみると駄目という可能性があってもリスク許容で勝利するかもしれなかった。もっとも、それとて対中韓発言などを聞いていると最近はやはり駄目かもしれない。時代の巡り合わせとか運とか、そんなものが政治家には必要なのかもしれない。これも米国で言うと、ゴア氏あたりだろうか。レベルが違うにしても。

 そして小泉首相が圧勝する可能性が一つだけあると思う。それは自由民主党の党名を変更することだ。例えば「自由党」などが候補だろうか。実際に政策においては社民主義的な福祉重視の側面が減退し、自由競争重視の傾向がある。意思決定プロセスも近代的になってきている。だからある意味現実には合っている。これを実施すれば「自民党をぶっ壊す」という小泉首相の発言は一応整合性があったことになるが。
posted by カワセミ at 22:56| Comment(2) | TrackBack(10) | 国内政治・日本外交
この記事へのコメント
いつも興味深く拝読させていただきております。

先日、岡田民主党代表がカメラの前で
「次の選挙では大勝ちしちゃうよん(笑」とフカシておりましたが、
あながち大風呂敷とも言えないでしょう。

マスコミは「その政策はさておき」で反自民キャンペーンに邁進しますでしょう。
そして各種圧力団体も民主党に続々と、その支持を鞍替えしとります。
今回は特定郵便局団体が加わります(笑

・SA(突撃隊)としての民潭・総連、開放同盟
・マスコミはデフォルトで情報統制
・反創価の宗教団体連合

となれば「負けるはずが無い」と思い込むのも無理はありません。

ただ岡田氏は知性に「?」がつきますね。
参院選の時も有楽町で
「東シナ海は中国のものだ。日本政府は手を引け!」と絶叫しており
ましたな。
Posted by ペパロニ at 2005年08月03日 09:59
 下記、投稿しました。

「ネットTVで反対派荒井広幸氏(参院議員)の話しをじっくり聞きました。いや??ぁ、小泉の"郵政民営化"なんてとんでもないナ。」
<a href="http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2005/08/post_f27b.html" rel="nofollow">http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2005/08/post_f27b.html</a>

郵政民営化と金の流れを図に描いて考えてみました。
<a href="http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2005/08/post_2fbb.html" rel="nofollow">http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2005/08/post_2fbb.html</a>

読んでいただけたらうれしいです。
Posted by SOBA at 2005年08月18日 12:37
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1267748

この記事へのトラックバック

たかじん委員会2
Excerpt:  民主党の西村眞吾衆議院議員が出ていたので、どんなことを言ってくれるのか楽しみだった。個人的には最も好感を持っている野党議員で、自民党にいればいい仕事ができるどろうと思っている議員の一人である。  衆..
Weblog: 外交のファンタジスタ
Tracked: 2005-08-02 23:45

小泉怒る?国会一時紛糾!
Excerpt: 郵政民営化を巡っての攻防もいよいよ大詰め。今日から参院郵政民営化特別委員会が開催され、冒頭片山参院幹事長が「今日は国民注視で、国民の理解が参院の賛否に大変な影響を与える」と意味深の発言。それを知ってか..
Weblog: ヨン様の南中山教室!
Tracked: 2005-08-03 06:29

衆院解散・総選挙で為替相場はどうなるか?
Excerpt: 郵政関連法案が否決されると、衆院解散・総選挙をする、と小泉総理が言っています。 &nbsp; もし、実行されれば、為替相場はどうなるのでしょう? 普段はこういう要因はほとんど気にしない僕ですが、大きな..
Weblog: 簡単!!知識不要の外国為替
Tracked: 2005-08-03 06:54

これは話としては説得力があるが…
Excerpt:  カワセミさんの  ⇒カワセミの世界情勢ブログ: 政権選択の選挙とは  むずかしいけど、しいて言えば、私の結論は逆になる。  公明が以前重要なキャスティング・ボートという不運。  共産が少し馬鹿な戦略..
Weblog: finalventの日記
Tracked: 2005-08-03 09:41

郵政解散は「叡山焼き討ち解散」か?
Excerpt:  関係ないエントリのコメント欄にしきりと前回の僕の野次馬評に「普通って何ですか普通って普通って」と粘着してる人がいる。全特あるいは全逓連工作員がこんな場末の飲み
Weblog: R30::マーケティング社会時評
Tracked: 2005-08-09 10:52

民主党は政権選択を与えてくれるのか
Excerpt: 郵政民営化の是非を国民に問うべく、衆議院議員選挙が来月11日に行われる。 参議院で否決されたことを見るとやはり衆議院での可決も強引であったのかと感じる部分もある。 だが、総選挙で郵政民営化を問い、衆議..
Weblog: おまーにゃの書斎
Tracked: 2005-08-10 21:53

郵政民営化法案への反対〜佐高信の場合
Excerpt: 先ほど昼食のために立ち寄ったラーメン屋で、ネギ味噌ラーメンを食べながら、机の上に置かれていた河北新報に目を通しました。慶応の何とか教授、猪瀬直樹、佐高信の3氏が今回の解散劇を評しています。猪瀬氏はも..
Weblog: 言語学研究室日誌
Tracked: 2005-08-12 15:06

何のための衆議院解散か
Excerpt: 民主党には政権は託せない
Weblog: 言語学研究室日誌
Tracked: 2005-08-12 15:06

ブログが一般的になって初めて解散・総選挙、テクノラティの特集。
Excerpt: 日本でのブログは今回の総選挙でどのような役割を果たすのか? 非常に興味があります。 流石に『テクノラティ』では特集を組み、毎日、更新されているようです。 【今、ブログで一番語られている争点は? ■綿..
Weblog: クリエイティビティのたね//不易流行
Tracked: 2005-08-18 01:35

皆さん読んだ方がいい「海外メディアが伝えた小泉・郵政解散劇の評判」
Excerpt:  以下、重要な記事と判断し、また現下の緊迫化した政治情勢にかんがみ、全文引用しま
Weblog: 雑談日記 (徒然なるままに、、。)
Tracked: 2005-08-22 20:06