2005年05月11日

対中外交の難しさと靖国参拝問題(2)

 中国との外交上の軋轢に関しては、様々な人が論じている。今回溜池通信のかんべえ氏が靖国参拝に関してこのような事を書かれていた。(5/10のDialy参照)氏の意見には常々共感するところが多く、反論したくなることは皆無に近いのだが、今回は珍しくがっかりした。このテーマについては前回のエントリでも似たような事を書いたが、もう一度記述しておきたいと思う。

 まず、靖国神社に関して私の考えを書いておきたい。この神社が日本の宗教的伝統を示しているというのには反対である。明治以降、人為的に整備された側面が強い。日光東照宮を考えてみれば分かりやすいかもしれない。これは江戸時代特別な神社だったが、今日はそうではない。伊勢神宮、熱田神社となれば日本古来の伝統といって良いだろう。それらに比較すると近世の人為的要素があり、若干の違和感が日本人にあるのではないだろうか。そして靖国神社はそれ以上に近代人の手になるものだ。 また政府がこの神社を特別扱いするというのであれば、特別扱いするその代償として、ある種の社会的責任による一定程度の拘束が発生することはおかしい話ではない。ただそのための個別のリアクション、例えば分祀強制となるとこれは問題があるかもしれないが。そして一宗教法人と割り切って他の有名な神社と同様に扱うのであれば、わざわざ特別扱いする行為自体が不適切とも思える。もちろん日本人の一人として自分は特別扱いする、というのであればそれは個人の自由ではある。

 そしてA級戦犯だが、これは政治的解決の一つだということを再度強調しておきたい。世界中であれだけの犠牲者を出した第二次世界大戦において、何ら責任が問われず終わるというのは現実問題として政治的に有り得ない。連合国だけでなく、実際に惨禍をこうむった当時の日本人からしてそうだ。そして日露戦争、第一次世界大戦の経験で、大規模な戦争となれば犠牲者が膨大になるのは事の最初から分かっている話である。軍人は勝とうと作戦を立てる。相手に多くの被害を与えるためにベストの方法を考える。それは仕事だからいい。しかしそれを実行に移そうと政治家が決断するとなると、それは重い責任がある。例えその時にたまたま首相、内閣の一員といった地位にあるだけだとしても、一定の権限があるなら止める義務がある。止める力量がなければその地位にいてはならない。高い地位にあり、権限を持つ者は必ず結果責任を問われるし、問わなければならない。国民感情から無理だったという人がいる。では日清戦争後の三国干渉で、仏独露に抗して戦争するのは仕方ないのか。その時の政治家は国民を説得し、責任を果たしたのである。少なくとも違う考えの人を社会的に排斥しようとしていたら、責任がないなどとは絶対に言えない。石井菊次郎のような人物もまだ存命していたのだ。

 加えて東京裁判の性質がある。中国と太平洋、実際は異なる戦争を戦っていた。旧海軍は賢いのか、死刑を出さずに切り抜けた。たまたま東条首相だったからというのもあるが、両方の戦争をあたかもセットであるかのようにして、時間的に早くから始まった事もあり旧陸軍に全部押し付けたという側面がある。確かにナチスとは違うが、真珠湾以降は第一次大戦時のドイツ的な暴走ではあったろう。ある意味ではセルビア的な途上国風の暴走と言えなくも無い。自国の規模を過小に見積もるのは日本人の悪い癖ではある。この付近を見直すという話になると再度責任問題の再評価になるというのがこの件が動かせない原因の一つでもある。昭和天皇は中国大陸での戦火拡大に一貫して反対であったようだから個別責任を問わないというのは筋として通る。ただ政治家に関しては、海軍の暴走としてもそれを止めなかった責任は残る。

 そして日中間での水面下の紳士協定の話、げっそりした。その手の外交をやって死屍累々というのが日本の歴史ではないのか。純経済的な利権ならともかく、この種の外交案件を専制政治家との談合で処理するとろくなことが無い。20年周期で再発すること必至である。中国の将来は未知数だが、近未来においては短期的に混乱が発生する可能性があるとしても、一定の存在感を持って国際社会に相対すると考えるべきだろう。その際は極力民主主義のルールに近い外交的振る舞いをしてもらわなければいけない。最低限度表面を取り繕ってくれないと困る。相手に引きずられず、むしろ極力文明的なルールに引き寄せなければいけない。そのためには公式に残る外交上の決着が不可欠ななのである。対中国の問題は極力多国間の枠組みの中で、表で解決することが何より大切であろう。
posted by カワセミ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 北東・東南アジア
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1267706

この記事へのトラックバック

横丁のオヤジの繰言は聞きたくない--靖国神社参拝問題に関して
Excerpt: 「横丁のオヤジ」を軽んじるわけじゃないが、「横丁のオヤジ」が日本国の内閣総理大臣
Weblog: BigBang
Tracked: 2005-05-18 02:53